スキル

[書評]『ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法』

 

こんにちは!つき(@tsuki_tougetsu)です。

インターネットで情報収集していると、『こんなことまで、まとめてくれているサイトあったんだ。」ということはありませんか?

メジャーな内容に関してはけっこうありますが、マイナーな内容に関してはないことも多いと思います。

そういう場合は、断片化された情報を様々なサイトからかき集めなければいけないので目的を達するのにけっこう時間がかかるんですよね。

でもまとめてくれているサイトがあれば、その手間が省けます。ありがたいです。

今回は、逆にそんなサイトをつくってみようという趣旨の本を紹介します。

 

タイトルは、『ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法』

著者は、和田亜希子さんです。

 

 

この本のポイント

ミニサイトについて学べる

ミニサイトとは

ミニサイトにも色々な定義があるようですが、本書では

ニッチでも着実なニーズあるテーマに絞った専門サイトのこと

という意味で使われています。

 

ミニサイトのつくり方

この本では、上記のようなミニサイトの作り方を学ぶことが出来ます。

サイト構成を考える企画から、制作スケジュール立て方など、必要なことがしっかりと解説されているのが特徴です。

日常のちょっとした体験から様々なアイディアをひねり出していく方法なので、特別な体験が必要とかそういうものではありません。

気軽に取り組めるというわけですね。

 

マネタイズ

本書では、ミニサイトをマネタイズしていく方法も紹介されています。

例をあげると、アフィリエイト、電子書籍出版へのつなげ方、純広告についてなどです。

ちなみに、タイトルにある10万円という話は本書内で出てきません。ミニサイトをつくったらどのくらい稼げるか?についてもしっかりとは書かれていないので、それ目当てで読もうと思ったら物足りないかもです。

ただ、著者の和田さんがミニサイトで純広告を得るための営業活動に使った資料が参考として載っており、その中に具体的な広告枠の料金の記載はあります。

 

おわりに

以上、『ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法』という本についての紹介でした。

あるようで、なかなかないミニサイト。私は、情報収集するならミニサイト形式の方がありがたいです。そういう方のサイトはしっかり見ると思います。

本書にも書かれているのですが、自分自身では何気ない事と思ってることでも、その情報が欲しくてたまらない人もいるはずです。それらの情報をミニサイトとしてまとめておけば、きっと見てくれる人はいると思います。

読んだらミニサイトをつくりたくなるそんな1冊でした。

 

まとめ

  • この本の2つのポイント
    ・ニーズのあるニッチな情報をまとめた専門サイトのつくり方が学べる
    ・ミニサイトのマネタイズについても知れる

 

-スキル
-